MENU

年末調整支援システム

オプション(紙書類による年末調整への対応)

紙年調の方法

ラクラスは、PC・タブレット・スマホ等を用いて、社員がHIIRAGIの年末調整ワークフローに直接入力できることを、年末調整アウトソーシングサービスの前提としています。しかしながら、社員の全員がPC・タブレット・スマホ等を持っていない場合には、紙年調(紙書類を用いた年末調整作業)での対応も行なっています。 ここでは、紙年調の方法を説明します。

1 紙年調書類の印刷 人事部 人事部が社員データをHIIRAGIにアップロードすると、HIIRAGIは紙年調書類と台紙のPDFファイルを生成します。この紙年調書類にはバーコードが付いています。人事部は、この紙年調書類と台紙のPDFファイルをHIIRAGIからダウンロードして印刷して配布することができます。
2 紙年調書類の提出 社員 社員は、人事部から配布された紙年調書類に必要事項を記入し、台紙に控除証明書を添付して、人事部に提出(あるいはラクラスに郵送など)します。
3 控除証明書のデータ入力 ラクラス ラクラスは、社員から提出された紙年調書類と控除証明書をスキャンします。HIIRAGIは、照合すべき項目に枠をつけた控除証明書の画像データをディスプレイに表示します。 ラクラスは、枠で囲われた項目のデータを目視で読み取り、申告データとして入力します。保険会社名はHIIRAGIが特定しますし、適応制度や保険種別はプルダウンから選択できます。契約者名や保険金額などをキーボードで入力すれば作業は完了です。
4 2次チェック ラクラス ラクラスは、入力された申告データと証明書の画像データを照合し、2次チェックを行います。
5 督促など 人事部 紙年調の場合は、HIIRAGIにメールアドレスが登録されません。したがって社員への督促や連絡は、人事部の役割となります。

紙の源泉徴収票の印刷

ラクラスは、PC・タブレット・スマホ等を持たない社員に対して、紙の源泉徴収票(熱圧着したもの)を提供するサービスも提供しています。