MENU

NEWS ニュース

2019 NEWS

大企業向け人事クラウドサービスの名称を「Tokiwagi(常盤木)」に決定

2019.05.17

大企業向け人事クラウドサービスの名称を「Tokiwagi(常盤木)」に決定
お客様での実稼働開始を契機に、販売を本格化いたします

ラクラス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 北原佳郎)は、昨年5月に発表した大企業向け人事クラウドサービスの名称を「Tokiwagi(常盤木)」に決定したことを発表しました。常盤は「永久不変」、常盤木は「常緑樹」を意味します。

当社は、お客様での実稼働開始を契機に、Tokiwagiの販売を本格化してまいります。

Tokiwagiの特長は、
①大企業が人事情報システムに求めるすべての機能を単一のクラウドサービスとして提供する、
②その利用において、お客様の知識労働者を消費しない、
という2点です。詳細を次に説明します。

①大企業が今日の人事情報システムに求めるのは、知識労働者の動機付けを支援する「タレントマネジメント機能」と、法律が定める日常人事業務を処理する「就業・給与・福利厚生機能」という、性格が異なる2つの機能です。
Tokiwagiの「統合人事データベース」は、これら2領域のデータを一元的に管理します。データの種類や量に制限はありません。
またTokiwagiの「統合ワークフロー」は、企業と従業員の間を流れるすべてのデータをデジタル化し、統合人事データベースを常に最新の状態に保ちます。
 

 

②クラウドで提供されるTokiwagiは、オンプレミスのパッケージソフトとは異なり、お客様のエンジニアを消費しません。
加えて、1ヶ月にわたる給与計算の手順を記憶し自動処理する機能(当社特許*)により、給与の専門家を日常人事業務から解放します。
人間の役割は、給与ソフトの操作を毎月繰り返すことではなく、Tokiwagiが自動処理した給与計算結果を確認することに変わります。
 

 

人口減少社会において、エンジニアや給与の専門家といった知識労働者の確保はますます難しくなります。Tokiwagiの自動処理機能は、これまでの人事情報処理のあり方を一変させる可能性を持っています。
*給与計算作業動線管理システム:特許6377229号

当社は、人事クラウドサービス「Tokiwagi(常盤木)」、およびTokiwagiを利用した人事BPOサービス「Kusunoki(樟)」を、社員数1,000名以上の企業に向けて販売してまいります。2024年3月までの5年間で60社に導入する事業計画としております。


お問合せ
ラクラス株式会社 セールス&マーケティング 円谷、伊藤
電話:03-6259-1901
お問合せフォーム:https://www.lacras.co.jp/contact/


 
 

【ご参考】
①Tokiwagiは、マルチデバイス・マルチブラウザ・マルチリンガル対応です。
 画面サイズに合わせて表示内容が最適化されるレスポンシブル設計です。
 

 

②タイムカードと合わせて、休暇申請や時間外勤務申請を提出できます。
 

 
 
③統合人事データベースおよび統合ワークフローが管理する情報の一例を示します。
 取り扱う情報の種類等に制限はありません。
 

 

以上