MENU

ACCESS アクセス

会社概要

商号 ラクラス株式会社 英文社名:Lacras Corporation
設立年月 2005年5月20日
事業所

【本社】 〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル8F Tel.03-6259-1901

【東北オペレーションセンター】 〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4-6-1 仙台第一生命タワービルディング18F

資本金 100,000,000円(2016年12月末時点)
事業内容 戦略人事を実現する「人事インフラ」の提供
従業員数 141名(2016年12月末時点)
役員
代表取締役社長
北原 佳郎
常務取締役
村田 一
取締役
平山 聡
取締役
樋口 博昭
取締役
野上 彰一
社外取締役
前川 徹
常勤監査役
中村 嘉文
監査役
佐藤 桂
監査役
鈴木 真
加盟団体
  • コンピュータソフトウェア協会 正会員
  • 社会保険システム連絡協議会 幹事会社
  • 税務システム連絡協議会 会員
  • なお当社代表取締役北原佳郎は次の役職に就いております。
  • コンピュータソフトウェア協会 理事
  • 社会保険システム連絡協議会 代表幹事
  • 日本ITソフトウェア企業年金基金 理事長
取引先 製薬、金融、IT、サービスなど、国内外の大手企業230社以上
株主
  • エン・ジャパン株式会社
  • 住友商事株式会社
  • 株式会社電通国際情報サービス
  • DBJキャピタル株式会社
  • オリックスキャピタル株式会社
  • 北原佳郎および役職員 ほか
組織構成
  • アカウントサービス部門
  • ソリューションコンサルティングサービス部門
  • シェアードサービス部門
  • ITサービス部門
  • アドミニストレーション部門
  • 内部監査室

沿革

ラクラス株式会社は、人事情報処理の分野において、これまでにない革新的なサービスを開発し提供することにより、新たな市場を自ら創造していくことを目的として、2005年5月に設立されました。

ラクラスを設立したのは、ソフトバンクグループにおいて人事シェアード・サービス・センターの経営に携わってきた人事と情報技術の専門家です。その後入社した、様々な専門性をもつメンバーとともに、お客様からの多岐にわたる要望を解決することで、イノベーションを推し進めてきました。情報技術をフルに活用したラクラスのサービスは、より多くの便利さ、より大きなサービス範囲、より高い投資対効果を、お客様にお約束いたします。

複数の異なる分野の専門性を融合して提供することが、ラクラスのサービスの大きな特徴です。人事と情報技術の融合はその一例に過ぎません。ラクラスはまた、給与計算のバッチ処理だけではなく、バッチ処理に必要なデータの収集・配布業務、人事データベースの機能、あるいはお客様のシステムとのデータ連携機能等も提供しています。いずれもこれまでの給与計算アウトソーサからは提供されてこなかったサービスです。

ラクラスはまた、導入サービスの結果として完成したシステムの運用サービスも提供します。これも従来のシステム・インテグレータからは提供されてこなかったサービスです。

「日常人事業務はできる限り社外に出したい。そして人事の本業に集中したい」という要求をお持ちのお客様は、ぜひラクラスへご連絡下さい。統合された人事情報システムをクラウドにより提供する「Lacrasio ITO」、あるいは、給与計算を含む日常人事業務を一括して提供する「Lacrasio BPO」を、お客様のご要望への解決策として提案いたします。

1999年  ソフトバンクグループにてシェアードサービス事業を開始
 ラクラスの原型となる情報システム、ビジネスモデルの開発
2005年  ラクラス株式会社設立
2008年  BPOサービス導入企業が50社を突破
2011年  BPOサービス導入企業が100社を突破
2013年  東北オペレーションセンター開設
2014年  BPOサービス導入企業が150社を突破
 本社を文京区後楽に移転
2015年  マイナンバー管理サービスの提供を開始
2016年  マイナンバー管理サービスの利用社数が200社を突破
2017年  本社を千代田区一ツ橋に移転

社名の由来

Lacrasとは、ラテン語で明日を意味する「Cras」に冠詞「La」をつけたものです。お客様が本業へ専念するためのゆとりを提供し、明るい未来を共に作り上げていきたい、という願いが込められています。

ロゴの由来

Lacras ラクラス株式会社

私たちのサービスブランドであるLacrasio(ラクラスイオ)を「お客様企業に新たな命を吹き込む息吹」として捉え、モチーフ化したものです。ラクラスのもたらす息吹が本業に集中するゆとりを生み出し、生き生きとした生命感溢れる企業に躍進していただきたい、という想いが込められています。

経営理念

ラクラスは、
企業の成長にとって最も重要な「人材」という経営資源に、
お客様が集中するための「ゆとり」を提供する会社です。

そのためにラクラスは、
人事情報処理分野における革新的なサービスを 圧倒的な投資対効果をもって提供します。

ラクラスの全役職員は、
ラクラスのビジネスが、お客様、社員、株主、取引先を含むすべてのステークホルダーと
長期間にわたるパートナーシップを結ぶことによってのみ成立することを認識します。
そして、そのためのあらゆる努力を惜しみません。

ラクラスは、次のことをお約束いたします。
お客様の成功を通じてラクラスの発展があることを深く認識します。
事業継続性を確保し、安定したサービスを安心してご利用いただけるように努めます。
適切な投資を継続し、より高い付加価値をもたらすイノベーションに努めます。
社員はラクラスの資産です。その資産価値の向上に努めます。
広く社会に貢献できる企業へと成長いたします。

行動規範

ラクラスは、健全な事業活動を推進するために、以下の行動規範を定めます。

1.コンプライアンス

私たちは、企業は社会の許しを得て存在していることを深く認識し、法令や社内規程を遵守することはもとより、良き存在と評価される行動をとり、社会から信頼される会社となるよう努めます。

2.適法・適正な情報開示

私たちは、「開かれた会社」として、適法・適正な企業情報の提供を行い、すべてのステークホルダーからの信頼と支持を得られるよう努めるとともに、広く社会からの声を傾聴し事業活動に反映させるよう努めます。

3.経営トップの責任

経営トップは、健全な事業活動を推進するために法令、社内規程、およびその背景にある倫理や社会規範に従うことが重要であることを認識し、そのための体制の構築、維持の責任をもちます。

4.反社会的勢力の排除

私たちは、反社会的勢力とは一切の関係を持ちません。不当な要求に妥協することなく毅然とした態度で対処します。

社長挨拶

企業の成長は、自社を差別化する仕組みを継続して生み出す能力にかかっています。
しかし、物や金といった経営資源だけで自社を他社から際立たせることはできません。
企業の競争力の源泉となる経営資源。それは「人材」です。

人材という経営資源には、物や金のような均一性はありません。
それぞれが個性ある存在であり、モチベーション次第でパフォーマンスが変化します。
「人事部の本業」とは、企業の競争力を生み出すことのできる人材を労働市場で発掘し、
モチベーション高く働ける仕組みを作り上げることにあります。

しかし多くの企業において、この理想は実現されていません。
人事部の経営資源の大半は、日常人事業務の処理に割り当てられたままです。

ラクラスは、「人材に集中したい」と考えるお客様のために、
これまでのアウトソーシング・サービスよりもはるかに広い範囲のサービスと、
人事部の本業の遂行に不可欠な情報インフラを提供します。
お客様の手元に残る日常人事業務はほぼゼロです。

ラクラスは、人事部が戦略人事に集中するための「ゆとり」を提供いたします。
そして共に成長することを目指してまいります。

ラクラス株式会社 代表取締役社長
北原 佳郎

役員紹介

北原 佳郎 近影

代表取締役社長北原 佳郎

略歴富士通、ソフトバンクと一貫して人事畑を歩む。 中学よりコンピュータ(最初は大型汎用計算機)に親しみ、以降一貫して情報技術の事務処理への応用を試行し続けている。日米企業の人事戦略、米国労働法、情報システム戦略に関する著書がある。アットワーク株式会社(ソフトバンクグループの人事総務シェアードサービス会社)の代表取締役社長を務め、ITとBPOを融合したシェアードサービスモデルを確立。2005年に十数人の社員とともにラクラス株式会社を設立。代表取締役社長に就任し現職。

メッセージ

社長挨拶へ

主な著書等

「アメリカで部下をもつ人の本」(富士通ブックス)
「アメリカ企業の人事戦略」(日本経済新聞社)
「『ヒト』を生かすアウトソーシング」(ファーストプレス)
「SaaSはASPを超えた」(ファーストプレス)

村田 一 近影

常務取締役・アドミニストレーション担当村田 一

略歴大学卒業後、大手ハウスメーカーに勤務。注文住宅の営業を経て本社企画部門にて主に管理部門の企画業務に従事。労働安全衛生、コンプライアンス体制構築、組織企画等の業務に従事。その後ソフトバンクにおいて、本社、グループ会社の人事制度企画・運営、M&A案件における人事面での支援業務等を担当。またシェアードサービスにおいて、グループ統合システムの再構築に従事。通算60社の導入業務をマネージャーとして担当。
2005年ラクラス設立に参画、取締役就任。プロジェクトの統括責任者として、約150社へのクラウドサービス、BPOの導入を担当。アドミニストレーション部門の責任者を務める。

メッセージ

ラクラスは、お客様の人事業務に新しい付加価値を提供すべく、創業以来、技術とサービスに関する研鑽を重ねて参りました。高い投資対効果の実現はもとより、人事部門様に対しては戦略人事の実現を、社員の皆様にはホスピタリティあふれるサービスを提供することにより、お客様のベストパートナーであり続けることを目指しております。

平山 聡 近影

取締役・アカウントサービス担当平山 聡

略歴富士通で海外人事、事業部人事、人事制度企画、労使交渉等に従事。人事関連の法制度や人事制度のプロフェッショナル。ITを活用した業務運用にも精通し、ラクラスではアカウントサービス部門で、お客様サポート担当のディレクターを務める。プライベートでは、大学でライフル射撃部監督の顔も持つ、二足のわらじすと。

メッセージ

「『いつか変えたいとは思ってるけれど』というときの『いつか』は永遠にやってこない。」ラクラスは、こんな人事部のマーフィーの法則を退治するお手伝いをいたします。 ラクラスのサービスは進化し続けています。私たちが提供するベストプラクティスを、是非お試しください。そんな『いつか』にすぐ手が届くはずです。

樋口 博昭 近影

取締役・IT 共通サービス担当樋口 博昭

略歴地方業界紙の新聞記者からIT業界に異例の転職。当時、事例の少なかったオブジェクト指向やUMLモデリング、アジャイル開発など先端技術を活用したプロジェクトを経験。その他、パッケージ製品の企画・開発、技術トレーナー、人事関連システムの導入コンサルティング、システム運用など幅広く業務を経験し、現在に至る。
ラクラスでは、ITサービスおよびシェアードサービスを管掌し、ITインフラの構築やシステム開発・導入、これらシステムを活用した業務プロセスの運用まで一貫したIT共通サービスを統括している。

メッセージ

お客様の立場に立った提案を行うことを、日々心がけています。ITを活用したビジネスプロセスの改善をご提案することで、お客様へ「ゆとり」を提供してまいります。常に、お客様の期待・想像を上回るITサービスを提供し続けていきたいと考えております。

主な著書等

共著「UMLによるビジネスモデリング入門」(ソフトリサーチセンター)
共著「図解入門 よくわかる最新 XPエクストリーム・プログラミングの基本と仕組み」(株式会社秀和システム)
他Eclipse、UMLに関する執筆あり。

野上 彰一 近影

取締役・ソリューションコンサルティングサービス担当野上 彰一

略歴大手情報サービスで給与計算、年末調整システムの開発業務を経て、会計、税務システムの導入提案、活用支援等のシステムコンサルティング業務に従事。
その後、ソフトバンクグループにて人事関連システムの開発、導入支援業務を担当。
2005年、ラクラス設立に参画し、システム開発から運用まで、IT基盤の構築に従事。
2016年からソリューションコンサルティングサービス部門の担当として、サービス導入を担当。

メッセージ

従来の管理業務を中心とした人事から、事業成長を支えるビジネスパートナーへの転換の実現を支援する戦略人事を実現するプラットフォームを目指します。

前川 徹 近影

社外取締役前川 徹

略歴大学卒業後、通商産業省(現在の経済産業省)に入省。機械情報産業局情報政策企画室長などを経て、1994年に日本貿易振興会(現在の日本貿易振興機構)に出向、JETROニューヨークセンターに勤務、米国情報産業とインターネットの商用利用に関するレポートをインターネットを使って発信。1997年に帰国。情報処理振興事業協会セキュリティセンター所長、早稲田大学大学院国際情報通信研究科客員教授、富士通総研経済研究所主任研究員、サイバー大学IT総合学部教授を経て2016年7月から国際大学グローバル・コミュニケーション・センター所長。2017年4月、ラクラス株式会社の社外取締役に就任。

メッセージ

研究領域は、インターネットの商用利用、電子政府・電子自治体、ソフトウェア・ビジネスです。ラクラス株式会社は人事情報分野におけるBPOのリーディング・カンパニーですが同時に、クラウド・コンピューティングのリーディング・カンパニーでもあります。これまでに培った知識や経験を活かし、少しでもみなさまのお役に立ちたいと思っています。

主な著書等

「ソフトウェア最前線」(アスペクト)
「国民ID」(共著)(NTT出版)
「ビッグトレンド」(共著)(アスペクト)